メニュー

炭酸ガス(CO2)レーザー

ほくろの除去ほくろやイボを、手術で取るより簡単に取ることができます。

当院では、ウルトラパルスモード搭載の炭酸ガスレーザーを使い、傷あとの残りにくいほくろ除去を行っています。

傷あとは全く残らないわけではありませんし、術後に自宅で指示通りのケアを続けられることが前提ですが、顔などの血流の多い部位に関しては、手術で縫うよりは比較的きれいに取ることができます。

炭酸ガスレーザーによるウイルス性イボ(尋常性疣贅)、尖圭コンジローマの治療は、当院では行っておりません。

施術の流れ

①塗る麻酔(エムラクリーム)を塗り、ラップで覆います。

②30分~60分程度、麻酔が効くのを待ちます。

※盛り上がりが大きいできものは、麻酔が奥まで浸透しづらいので、注射による麻酔を行うことがあります。

③麻酔をふき取って、レーザーを当てます。大きさや個数によりますが、1か所3分程度です。

④レーザーを当てた個所は、擦りむいたような傷になります。

ワセリンを塗り、テープで覆って、処置終了です。

⑤翌日まではテープはそのままにして頂きます。翌日以降は、1日1回、患部をやさしく洗った後、ワセリンを塗り、テープで覆います。テープにじゅくじゅくした液体がつかなくなるまで(2週間程度)同様の処置を続けます。

⑥傷に皮膚が張ってきたら、日焼け止めテープ(エアウォールUVなど)で保護し、はがれたら張り替えます。傷に紫外線が当たると色素沈着しやすいので、周囲の皮膚と同じようになるまでは、日焼け止めテープの使用を続けて頂くことをお勧めします。

炭酸ガスレーザーで取れるもの

・ほくろ(良性)

・いぼ ※ウイルス性のいぼ(尋常性疣贅、尖圭コンジローマ)に対しては、当院ではこの治療を行っておりません。

  脂漏性角化症という加齢に伴ういぼを除去できます。脂漏性角化症は、保険診療の液体窒素療法でも治療できますので、ご予算や、仕上がり具合でどちらか選択して頂けます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME